「コンピューターとインターネット」カテゴリーのアーカイブ

image

昨日ブルースクリーンになったけど、今日はパッチを適用してうまくいった。

やはりウィルスバスターが原因だった。とりあえず、うまくいったのでよかった。

広告

さて、さっそくWindows 10 Fall Creators Updateを適用したらブルースクリーンになった。

最悪です。で、いろいろ調べてみたらウィルスバスターを入れている人がおおいよう。

とりあえず、ウィルスバスターをいれててWindows10を使ってる場合は待ったほうがよさそう。

レビューするといってレビューを止めてたので、レビューを再開しようかと。

さて、どれからレビューをするか…。

LGのディスプレイからしようかとおもう。

細かいIFがどうかとかどうのと並べるのはオフィシャルサイトを見てもらえばわかるので省きます。

image

まず、IFを細かく言うつもりはないと言いながらUSB-Cポートがある。

このUSB-CポートにHP EliteX3をつなぐとContinuumは使えた。これはすごいとおもったが驚く必要はないのか?ここは思惑通り。

次のポイントとしては色域sRGB99%と負いうところについては発色は悪くないと思う。ただ、やっぱLEDのせいか今どきのディスプレイということもあり明るい気がする。ここは人それぞれ好みがわかれるところかな。

応答速度としては、オーバードライブの設定がある。オーバードライブONで残像が…というようなことをかいたりしているけどとりあえず、ギリギリ気にならないレベルなんではないかと思う。FPSをやっていても致命的かといわれるとなんとかなるのでは?と。

総合的に考えてプロフェッショナルモデルとしながらも比較的オールマイティな分類のディスプレなんじゃないかなと思う。

しいて文句を言うとしたら添付のケーブルがやたら短い。くらいかなと思う。

LGの4Kディスプレイを発注した。

IPS 4Kパネル採用、sRGBカバー率99%対応とUSB Type-Cに対応。AMD FreeSync™テクノロジー搭載もついているけど俺はNvidia派なので…この恩恵はないだろう。なぜ、Nvidiaってこの辺に弱いんだろう。

imageimage

AMD(ATI)ってこういった方向に強いよな。他社とのコラボって多い気が…。

たとえば、SonyやXboxとかにも採用されたり(FreeSyncではなくいろんな意味で)

今使っているディスプレイとマルチディスプレイにして使おうと思っている。USB-Cが付いているのでHP EliteX3を直接つなげるのか?とかも試したい。だめなら、今使っているディスプレイにドッグでつないだり・・・。いろいろやりたいと思う。

後ほどレビューをしたいと思う。

HPのPCもやらねば…。

//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=rocknrollhide-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B01DK9IS6U&linkId=1091e6725f877fed34a09017ecd22c74

image

いわゆる、2in1を購入。ま、自分のではないのだが・・・。

Atomプロセッサーには少し悩んだけどこの手のPCでストレージが128GBだった。DELLの端末比べてデザインや会社的な部分の好みでHPにした。

imageimage

値段は安いのでスペックは期待しないけどとりあえず使えるだろう。

あと、何気にスマートフォンのEliteX3がめちゃめちゃおかいどくやん!

imageimage

左から2つ目と3つ目がかなりお得だともう。やべぇ~ぽちりたい。

いろいろ悩んだ結果なんだけど、NASとローカルディスク(特定のフォルダ)を同期とりたいと思っててどうしようか悩んだ。

結果的にはQNAPのアプリで同期をとることにした。

比較したのはMSのフリーソフト「SyncToy」だったんだけど、こいつは単体で自動同期することが実質できない。

これが結果的にはあり得ないとなってしまった。

ということで、QNAPのアプリ「Qsync」で同期をすることに。

001

Qnapの設定画面にアクセスしてQNAP Qsyncを有効にするとOSごとにアプリが用意されている。Windows版をダウンロード。

002

実行すると言語の設定。

003004

ウィザードをどんどんすすめる。

005006

ここもどんどんすすめるけど、チェックは外したりして・・・。

007

いいかと聞かれるからいいよという。

008

010011012013

ここまでは説明の画面。ここまで来たらあとは同期するフォルダを選択していけばOK。

次の投稿はそこからにしよう。今日はここまで。

RAID0

左がRAID0構成のHDS721050CLA362。スペックは500GB、キャッシュ16MB、7200rpm、SATAは3Gbps。

右側はWD40EZRZなのでスペックは4TB、キャッシュ64MB、5400rpm、SATA6Gbps。

ほぼ同スペックにまで底上げできたが、これを考えるともう一台4TB買ったほうが幸せになれそうな気がしてきた。

書き込みはRAID0のほうが早い感じ。

こちらはSSD

https://hidekipo.wordpress.com/2016/05/01/samsung-ssd-1tb-850-evo%e3%82%92%e5%a2%97%e8%a8%ad%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82/

個々の記事を参照。まぁ~、速度重視ならSSDってのはやっぱかわらんな。

ただ、500GBのスペックのHDDをストライピングにして倍以上の速度を出せているんは謎だな。上のスクリーンショットはRAID1の時。というか、RAID0だと1台より遅くなるってことなか。そこの測定はしてないので…。