「Outlook」カテゴリーのアーカイブ

Windows10、XBOX ONEで有効になるみたい。Windows Phone 8.1

必要なことはMSアカウントを持っていること。子供のアカウントは作る必要がある。

もし、コルタナを使うのであれば13歳以上でなければ使えない。(たぶん13歳)

ファミリー機能でできることは以下の通り。

  • ショッピングの制限、課金関連はチャージできる(親アカウントから)
  • PCやゲームの利用時間の制限
  • 適切な連例に合わせたWebサイトへのアクセス制限
  • 位置情報のアクティビティを確認できる(どこにいるかわかったすることができる)

何ができるかもっと詳しく知りたい場合はここを確認

https://account.microsoft.com/privacy/

Windows10やXboxをもっていてアクセス制限をかけたい親は結構いると思う。以下のURLにアクセスする。

https://account.microsoft.com/family/

image

右上のファミリーをクリック

imageimage

ここで子供のアカウントがあるなら子供を選択しメールアドレスを入力し招待すればOK

image

もう一人いるならもう一度実行する。

image

あなたのファミリーの中にアカウントが追加される。今すぐ受け入れる場合はアカウントを切り替えることができ子供アカウントにログインして受け入れ処理まで可能になる。(パスワードとかは必要)

これから、古いLumia1020でどこまでできるのかも含めて試していこうと思う。あと、次回は何ができるかなどもPOSTしていくかな。

広告

サブスクリプションで買ってたのでやっと2013から365並行してみる。やり方は簡単。

MSアカウントのサブスクリプションからダウンロードしてインストールするだけなんだけど・・・

imageimageimage

ダウンロードファイルは4MBくらいのセットアップのexeデータ。

実行すると勝手にインストールが走る。驚きのインストール先指定できないパターン??

今インストール中だけどまだインストール先を聞いてくれない。

image

結局最後まで聞かなかったけどインストールが終わった笑

サクッと今使った雰囲気はドラスティックな変化はないので大丈夫かな。とりあえず。

検索機能、写真関連などいくつかアップデートされたみたい。まだベータ機能みたいだがWindows10の次のアップデートに合わせた形だろうか?

imageimageimageimageimage

とりあえず、こんな画面が出てきた。

あと、Windows10とMSアカウントでのファミリー機能(子供を管理する機能)を試してみたので後ほどレビューしようかと思う。

さっき気が付いたんだけど、Skype会議が追加されていることに気が付いた。これを使えば、家族とか実家とか?友達とかと今度Skypeで話しようよってできるようになるんだな。

image

というか、普通に会社でLync会議(Skype for business)と同じ感じで家にいても仕事かよぐらいの空気が笑えない。ただ、便利にはなったね。モバイルOS側もこの機能があるのか?と確認するもまだこの機能はなさそう。

ニュースの記事にSkypeやらOneNoteやらbing translatorと連携されるといった記事がいくつか出ていたのでbing translator Appのほうも来てるかなと思いストアを確認したらMS系のアプリがいっぱいアップデート来てた。

ざっと見た感じ、Excel、Word、OneNote、People、Outlook、PowerPoint、翻訳(bing translator)が来てたからわりに主力アプリ全部。(Skypeはまだ来てなかった…)

ただ、これってもっと前から来てたかもしれないけど、アンドロイドのほうではすでに提供されていた機能。

起動するとこんな感じの画面。

wp_ss_20170407_0001wp_ss_20170407_0002wp_ss_20170407_0003wp_ss_20170407_0004

しばらく説明があって参加するのか自分で主催するのかを選ぶ。もし、招待されるなら参加のためにコードを入力。入力後、名前と自分の言語を入力。

wp_ss_20170407_0005wp_ss_20170407_0006

もし招待する側の場合はQRコードか会話コードを渡せばOK。このコードは使い捨て。

wp_ss_20170407_0007wp_ss_20170407_0008

会話はこんな感じで表示される。

wp_ss_20170407_0009

レスポンスに関しては、Skypeのチャットと同等。

確認取れている環境はAndroid、Windows10、Windows10Mobile(HP Elite X3)、Web版Bing translator でつないでみた。

細かいのはつかってみてください。

 

 

いつもながら、適当なPOSTだな笑

Windows10で動くSkypeは2つあって従来のSkypeとUWP版のSkype。この後に言っているUWP版はSkypeプレビューと表示されていると思う。UIとかはWindows10Mobileと同じ感じ。

最新のアップデート内容はこんな感じ。

001

今までドラックでできなかったファイル送信ができるようになった。(やっとか…)

peoplepeople001

あとは、Peopleからやっとメールやカレンダーとの連携ができるようになったこと。Skypeとのコンタクトもインポートされるようになったこと。↑右の写真は前からあった??

people002

↑メールやカレンダーからもPeopleへリンクが張られている。

徐々にまともになってきている木がする。Peopleとカレンダー、メール、Skypeとの連携でスムーズに連絡をとれるようになる。(まだまだこれからだな)

地味に使いやすくなってくる。WindowsPhone8とかではなんかできてた気がするけど…。

ドコモ契約をもったままSIMフリー機に移動したらドコモメール受信できないから無理と思ってる人、いまだに多い気がする。

たしかに、プッシュ通知100%的なのを除けば、IMAP方式である程度のプッシュ通知的なメールも問題なく利用できるので設定方法を紹介します。

正直プッシュ通知ならSkypeやLINEとか使う気がするのでそこまで緊急性がないものをメールという感じで使っている人が多い気がするが…というかあまり使ってない気もするけどとりあえず、ドコモメールだけは使いたい人向け。

 

事前に必要な情報は以下の通り。

  • メールアドレス:ドコモのメールアドレス
  • ユーザー名:docomo ID (携帯メールアドレス)
  • パスワード:セキュリティパスワード
  • アカウント名:ドコモメール など適当に (自分が管理しやすいわかりやすい名前でOK)
  • この名前を使用してメッセージを送信:自分の名前 (受信者に表示される名前)
  • 受信メールサーバー:imap.spmode.ne.jp:993
  • アカウントの種類:IMAP4
  • 送信(SMTP)サーバー:smtp.spmode.ne.jp:465
  • その他チェック項目:デフォルトのままチェック(すべてチェックON)

wp_ss_20161103_0001wp_ss_20161103_0002

↑”アカウント”をタップし”メール&アプリのアカウント”タップ。

wp_ss_20161103_0003wp_ss_20161103_0004

↑”アカウントの追加”から”詳細設定”をタップ。

wp_ss_20161103_0005wp_ss_20161103_0006

↑”インターネットメール”をタップすると詳細の設定画面が出てくる。

wp_ss_20161103_0007wp_ss_20161103_0009

↑この画面で”事前に必要な情報”の通り入力しサインインをすればOK。

wp_ss_20161103_0003

もしもこれでうまくいかない場合は、この画面で設定したドコモメールをタップし管理へ移動する。

wp_ss_20161103_0010wp_ss_20161103_0011

設定画面が出てきたら”メールぼっくの同期設定を変更”をタップ。

”頻度”については任意の値に変更しても問題ないが、ダウンロードする期間をすべてに変更することで解決できるはずだ。この件は理由は不明。改善されているかもしれないが、自分の場合はこれで解決できている。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

追加情報:事前にドコモメールをdアカウントの利用設定をドコモメールで利用できるように設定する必要がある。

公式サイトにあったので以下のURL内”Step2 dアカウント利用設定を有効にする”も併せて確認をお願いします。

URL: https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_mail/other/index.html

(この設定をするにはAPNがSPモード経由でのアクセスが必須だと思う。)