「Windows10」カテゴリーのアーカイブ

さっき気が付いたんだけど、Skype会議が追加されていることに気が付いた。これを使えば、家族とか実家とか?友達とかと今度Skypeで話しようよってできるようになるんだな。

image

というか、普通に会社でLync会議(Skype for business)と同じ感じで家にいても仕事かよぐらいの空気が笑えない。ただ、便利にはなったね。モバイルOS側もこの機能があるのか?と確認するもまだこの機能はなさそう。

Office365を導入してみた。

なんで?って話だと思うんだけど、ほぼ、OneDriveの容量がほしかったからなんだ。

前まで+50GBのサブスクリプションを使ってたけどこの容量じゃ足りなくなったから。で、ストレージだけ追加できないかいろいろ悩んだんだけど、OneDrive businessが理想のプランだったけど、実質ストレージが別物。privateで使っているストレージだと対応できないんだよね。

で、いろいろ悩んだ。月1000円くらい…高い。とおもいつつ、Skypeも60分通話無料とかOfficeまぁ~使うからと思い購入に踏み切った。

imageimage

★よいところ

    • ストレージが1TBついてくる。
    • Officeもフルフルで使える。常に最新。
    • Skypeも無料通話60分/月
    • タブレット版Officeもフルで使えるようになる。

だろうか。

でも、Skypeは自局の番号を付与するにはプラスのお金が必要になりそう。

今後のMSに希望だがOffice365 SoloだけじゃなくOneDriveだけのプランもほしいね。1TB 600円/月とかでいいから

そしたらもっとMSのクラウド使う人増えると思う。1か月無料もあるので試してみるといいかと思う。

//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=rocknrollhide-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B00O2TXF8O&linkId=066a8f5ee572fdabea0e54d67b289b1c//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=rocknrollhide-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B01MXLXADQ&linkId=b4008ad7cc9ba794837aa7982721d398//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=rocknrollhide-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B01HVJ151A&linkId=9d41258a64f5fbab0b6375d0cabb39db

久々にHPのサイトをみたらクリエイターに力を入れるMS。それに答えるHPという感じの動画かなと。

先日、MSのイベントでは手の震えを抑えるガジェットを公開したりしてたしHPは耳の聞こえない人へ…といった動画。

心打たれました。(年取ったな…ww)

いよいよ、Windows mixed reality headsetがUSサイトで予約受付を開始したみたい。国内でもどうなるか気になるところ。

今回はHPとAcer製。どちらも400USD以下で手に入ることを考えるとありだなと思ってしまう。

Acer Windows Mixed Reality Headset Developer Edition - front angled view

これに対応しているアプリが何なのかなど情報公開が進むともっとおもしろくなるね。出荷は8月ごろ。

国内販売開始したらHP製のほうが渋いしほしいな。

URL;https://www.microsoftstore.com/store/msusa/en_US/pdp/productID.5106762300

URL:https://www.microsoftstore.com/store/msusa/en_US/pdp/productID.5106771200

日本HPでも情報が公開されている。URL:http://jp.ext.hp.com/desktops/personal/mixed_reality_headset/

 

追記:

既にあちこちでWindows 10 Creators Updateのインストールレビューやら詳細がPOSTされてきたから遅れている感満載だけど、とりあえず、ためしてみた。遅かれ早かれ適用されるわけだから…。手動でインストールをしてみた。

今回はアップデートで適用した。(そのうちクリーンインストールしようと思う)

今回の手順は、

USBメモリを用意しMediaCreationTool.exeをダウンロードしてインストールUSBを作成してSetup.exeを実行するだけ。

をダウンロードする方法は以下のURLから。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows 10 Creators Updateでできることはここ↓

https://www.microsoft.com/en-us/windows/upcoming-features

キャプチャーは全部取ったけどあちこちでもうレビュー済みだったので省略します。

2017-04-09 (1)2017-04-09 (9)

とりあえず、2~3回再起動後、一通りうまくインストールされた。

例の通り、「Windows.old」、「Windows10Upgrade」が作成される。環境にもよるだろうけど、それなりの大きいデータになる。自分の場合20GB弱になっているので2~3日使って問題が起きてなければ削除しよう。(というか、削除すぐ思想だけど…)

あわせて、NVidiaのドライバーもWindows 10 Creators Update向けにリリースされているのでアップデートしておこうと思う。

 

参考記事

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1053417.html

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1051787.html

ニュースの記事にSkypeやらOneNoteやらbing translatorと連携されるといった記事がいくつか出ていたのでbing translator Appのほうも来てるかなと思いストアを確認したらMS系のアプリがいっぱいアップデート来てた。

ざっと見た感じ、Excel、Word、OneNote、People、Outlook、PowerPoint、翻訳(bing translator)が来てたからわりに主力アプリ全部。(Skypeはまだ来てなかった…)

ただ、これってもっと前から来てたかもしれないけど、アンドロイドのほうではすでに提供されていた機能。

起動するとこんな感じの画面。

wp_ss_20170407_0001wp_ss_20170407_0002wp_ss_20170407_0003wp_ss_20170407_0004

しばらく説明があって参加するのか自分で主催するのかを選ぶ。もし、招待されるなら参加のためにコードを入力。入力後、名前と自分の言語を入力。

wp_ss_20170407_0005wp_ss_20170407_0006

もし招待する側の場合はQRコードか会話コードを渡せばOK。このコードは使い捨て。

wp_ss_20170407_0007wp_ss_20170407_0008

会話はこんな感じで表示される。

wp_ss_20170407_0009

レスポンスに関しては、Skypeのチャットと同等。

確認取れている環境はAndroid、Windows10、Windows10Mobile(HP Elite X3)、Web版Bing translator でつないでみた。

細かいのはつかってみてください。

 

 

いつもながら、適当なPOSTだな笑

タイトルとは別だけど現行のWindows10のバージョンでコルタナでローカル検索がすごいことになってることに気が付いた。たとえば、スマートフォンで撮影した写真をOneDriveに自動同期するようにしておいた状態で7UPとかRedbullとかと入れるとカメラロールの中を自動検索(自動タグ付けされる)されてその写真が出てくる。

image

ほかにもいろいろ試してみたんだけど、「空」で空の写真とか「エナジー」でモンスターエナジーの写真とか・・・笑

絶対出てくるわけじゃないけど、ちょっと面白いと思った。

で、タイトルに戻って、今月いよいよWindows10の新しいバージョンが降ってくる。

さてさて、クリーンインストールするかアップデートするか悩み中。