いよいよ、Windows mixed reality headsetがUSサイトで予約受付を開始したみたい。国内でもどうなるか気になるところ。

今回はHPとAcer製。どちらも400USD以下で手に入ることを考えるとありだなと思ってしまう。

Acer Windows Mixed Reality Headset Developer Edition - front angled view

これに対応しているアプリが何なのかなど情報公開が進むともっとおもしろくなるね。出荷は8月ごろ。

国内販売開始したらHP製のほうが渋いしほしいな。

URL;https://www.microsoftstore.com/store/msusa/en_US/pdp/productID.5106762300

URL:https://www.microsoftstore.com/store/msusa/en_US/pdp/productID.5106771200

日本HPでも情報が公開されている。URL:http://jp.ext.hp.com/desktops/personal/mixed_reality_headset/

 

追記:

既にあちこちでWindows 10 Creators Updateのインストールレビューやら詳細がPOSTされてきたから遅れている感満載だけど、とりあえず、ためしてみた。遅かれ早かれ適用されるわけだから…。手動でインストールをしてみた。

今回はアップデートで適用した。(そのうちクリーンインストールしようと思う)

今回の手順は、

USBメモリを用意しMediaCreationTool.exeをダウンロードしてインストールUSBを作成してSetup.exeを実行するだけ。

をダウンロードする方法は以下のURLから。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows 10 Creators Updateでできることはここ↓

https://www.microsoft.com/en-us/windows/upcoming-features

キャプチャーは全部取ったけどあちこちでもうレビュー済みだったので省略します。

2017-04-09 (1)2017-04-09 (9)

とりあえず、2~3回再起動後、一通りうまくインストールされた。

例の通り、「Windows.old」、「Windows10Upgrade」が作成される。環境にもよるだろうけど、それなりの大きいデータになる。自分の場合20GB弱になっているので2~3日使って問題が起きてなければ削除しよう。(というか、削除すぐ思想だけど…)

あわせて、NVidiaのドライバーもWindows 10 Creators Update向けにリリースされているのでアップデートしておこうと思う。

 

参考記事

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1053417.html

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1051787.html

いつからこんなの…。とりあえず、端末に送信というのがあったので送信してみた。

image

詳しくは使ってからレビューするかも。

ニュースの記事にSkypeやらOneNoteやらbing translatorと連携されるといった記事がいくつか出ていたのでbing translator Appのほうも来てるかなと思いストアを確認したらMS系のアプリがいっぱいアップデート来てた。

ざっと見た感じ、Excel、Word、OneNote、People、Outlook、PowerPoint、翻訳(bing translator)が来てたからわりに主力アプリ全部。(Skypeはまだ来てなかった…)

ただ、これってもっと前から来てたかもしれないけど、アンドロイドのほうではすでに提供されていた機能。

起動するとこんな感じの画面。

wp_ss_20170407_0001wp_ss_20170407_0002wp_ss_20170407_0003wp_ss_20170407_0004

しばらく説明があって参加するのか自分で主催するのかを選ぶ。もし、招待されるなら参加のためにコードを入力。入力後、名前と自分の言語を入力。

wp_ss_20170407_0005wp_ss_20170407_0006

もし招待する側の場合はQRコードか会話コードを渡せばOK。このコードは使い捨て。

wp_ss_20170407_0007wp_ss_20170407_0008

会話はこんな感じで表示される。

wp_ss_20170407_0009

レスポンスに関しては、Skypeのチャットと同等。

確認取れている環境はAndroid、Windows10、Windows10Mobile(HP Elite X3)、Web版Bing translator でつないでみた。

細かいのはつかってみてください。

 

 

いつもながら、適当なPOSTだな笑

タイトルとは別だけど現行のWindows10のバージョンでコルタナでローカル検索がすごいことになってることに気が付いた。たとえば、スマートフォンで撮影した写真をOneDriveに自動同期するようにしておいた状態で7UPとかRedbullとかと入れるとカメラロールの中を自動検索(自動タグ付けされる)されてその写真が出てくる。

image

ほかにもいろいろ試してみたんだけど、「空」で空の写真とか「エナジー」でモンスターエナジーの写真とか・・・笑

絶対出てくるわけじゃないけど、ちょっと面白いと思った。

で、タイトルに戻って、今月いよいよWindows10の新しいバージョンが降ってくる。

さてさて、クリーンインストールするかアップデートするか悩み中。

HP Elite x3でMicrosoft Display Dock(HD-500)が使えるということで購入してみた。結果を先に言うとしっかり問題なく動いてくれる。

何ができるかというのを今さら書くのもなんというか…。今さら感が満載だけど、電話をにつないでPCっぽく使える感じ。正確にはWindows8.1のタブレットモード+WinRTっぽい感じで使えるようになる。

公式の動画はこんな感じ。

74d9e0f6-2c44-47a8-94f8-b885bb7e0550[1]Lumia phone on desk plugged into a Microsoft Display Dock with keyboard, monitor and mouse next to it
Lumia phone on desk plugged into a Microsoft Display Dock with keyboard, monitor and mouse next to it

思ったより重かった。230g。

K3GP7232K3GP7254

箱はスマートフォンとかと一緒な感じ。

K3GP7261K3GP7267

含まれているものは両端の端子がUSB-Cのケーブルが1本。電源アダプター(UK)が1つ、本体と取説といった感じ。

K3GP7283K3GP7288

本体のUSB-Cのが一つだけついている部分にEliteX3(端末)を接続する感じ。

K3GP7291K3GP7293

HDMIまたはDPでディスプレイにつなぐとこういう風に説明が。(初めてだけね)音声もあるのでディスプレイ側にスピーカーがないと字幕だけになる。

WP_20170212_10_37_35_Pro

USB2.0ポートが3つ、電源用にUSB-Cポートが1つ。DP、HDMIがひとつづず。

使った感じは、通常のPCとは少し操作が違う感じ。Win8系とも違うしなれるまでは少し慣れが必要かもと感じた。

簡単によかったところ、よくなかったかなというところだけ。

【よかったところ】

  • Continuum 中でも電話が使える。
  • マウス、キーボードでインストール済みのアプリを使える。
  • サクサク入力できる。
  • OfficeやOneDrive、フォトもフルスクリーンでつかえる。
  • ブラウザも電話側で開いてたタブが同期撮れている。
  • 電話側のスクリーンがタッチパット代わりにできるんだけど、これを使うとノートPCのタッチパットより全然いい!
  • ストレージの整理とかも楽。

といった具合に少しだけ生産性が向上するイメージ。

【よくなかったところ】

  • インストール済みのアプリが全部使えるわけじゃない。
  • Office365がないと大きいディスプレイを使ってると編集できなくなっちゃう。
  • Microsoft Display Dock自体思ったより重い(処理とかじゃなく)
  • Office365がないと編集できない…。
  • ウィンドゥ表示できない。

といった感じ。

まただめしてはないんだけど、ワンプッシュでほしいものを手配できるデバイス。

3ステップで簡単スタート お好みの商品をワンプッシュで

興味のある人はここから購入できる→ http://amzn.to/2kao0z3

ボタン一つですぐに発注できるので子供とかにいたずらされないようにしないと大変なことになるんだろうということで注意書きもしっかりかいてる。

ひとつあたり500円みたいだけど、キャンペーンで手配時に500円引きになるみたいだから実質無料とのこと。ちょっとほしい気もするしいらない気もする。